TOP > CATEGORY > ラノベ
BACK | TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク とある魔術の禁書目録・感想? 

2006年11月10日 ()
今日も禁書目録の感想(ネタバレ含む)です。
それではGo。↓

Open↓

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈2〉 とある魔術の禁書目録(インデックス)〈2〉
鎌池 和馬 (2004/06)
メディアワークス

この商品の詳細を見る



1巻ラストに引き続き、当麻は記憶を失ったまま。
こういう展開の作品って珍しいかも。

表紙の後ろにあるのって『三沢塾』ビルだったのか。
普通にただの背景だと思ってた。
あと、表紙と総扉は対になってるとか。ホントだ!

アウレオルスが、色々中途半端なホストにしか見えない…!
ていうかヤツは、いわば『Bad Endな(=インデックスを救えなかった)上条当麻』みたいなものか。
それをいえばステイルや神裂も同じだけど、2人はある意味救われてるしね、当麻に。

インデックス、途中は出番皆無なのにおいしいところだけ絡んでくるなぁ。
というかこの話、要はインデックスが中心だったんだね。
結果だけみると、”吸血殺しディープブラッド ”の姫神の存在が薄いなぁ。一応、この巻ではヒロインなのに。

ベストオブ熱い台詞
「いいぜ、アウレオルス=イザード。テメェが何でも思い通りにできるってなら――」

「――――まずは、そのふざけた幻想をぶち殺す……ッ!!」




しかしこの小説、どことなくTYPE MOONの作品に似ている気が…?
まあ、オカルトだし伝奇物だし魔術扱ってるし、似もしますかね?
んー、面白いから、まあいいか。




●今日の一曲

『がじゅまるの風唄 / 國府田マリ子』

この空からきこえる この空からきこえる
國府田マリ子 (2003/02/05)
キングレコード

この商品の詳細を見る


このアルバムは、マリ姉のCDの中では群を抜いて好きな1枚です。
さらにこの曲は、このアルバムの中でも1番好きな歌ですね。
旋律は優しく、でもちょっと儚く。
気落ちしたとき、疲れたとき、ちょっと元気がないときに聴きたくなります。
これを聴くと、心が、身体が、ゆっくりほぐされる感じがします。
めっさ良い曲。

Close↑

[2006.11.10(Fri) 22:58] ラノベTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク とある魔術の禁書目録・感想? 

2006年11月09日 ()

とある魔術の禁書目録(インデックス) とある魔術の禁書目録(インデックス)
鎌池 和馬 (2004/04)
メディアワークス
この商品の詳細を見る



いやー、この作品面白いですわ。
久々にのめり込めるライトノベルに出会えました。

ただ、ちょっと読みにくい感じが否めませんね。
やけに捕捉文が多い所とか。「?と同じである」とか「?みたいなものだ」的な文章が、そこら中にあってちょっと萎えます。
全体的に文章の構成力に難がありますねー。

しかしそれらを差し引いても、言葉の熱さというか、重さのようなものがものごっつい。
小説でここまで熱くなれる作品は、今までお目に掛かった事がないです。
あと、ストーリー展開が秀逸。
何だかんだで結構ありきたりっぽい展開なんですが、伏線が豊富で飽きさせません。
先が気になって気になって、ついつい読み耽ってしまいますね。

とりあえず3巻まで読破。ただいま4巻に突入です。
今のところ11巻まで出てますし、年末には最新刊が出ますし、しばらくは読書には困りません♪

以下、軽く感想。とりあえず1巻のみで。
ネタバレ含みまくりなので、未読の方はご注意を!

Open↓

幻想殺しイマジンブレイカー”、結構反則臭い力ですな。
「超能力だろうが魔術だろうが、それが異能の力であれば神様のシステムですら打ち消す事が出来る能力」だそうで。
でも、主人公張るにはおあつらえ向きなちからですね。

全巻通してみても、インデックスの”歩く教会”に安全ピンが刺さってない絵って、この巻のカラーピンナップのベランダに引っかかってたときのみしかないっぽいですね。

ステイルって当麻より年下らしいけど、どーしてもそうはみえないんだよなぁ。
CVは三木眞一郎氏がピッタリだと思う。

神裂は、うんエロイ。特に服装。
彼女のCVは、平松晶子さんとかどうでしょう?

小萌先生は、もう結先生にしか見えない。
CVは金田朋子さんでヨロシク。

ラストは二重で騙しか!
記憶を失ったと見せかけて失っていなかったと思ったら、やっぱり記憶無いのかよ!!
これが後々どんな展開を呼ぶのやら。

ベスト・オブ・熱い台詞
「ずっと待ち焦がれてたんだろ、こんな展開を!英雄がやってくるまでの場つなぎじゃねえ!主人公が登場するまでの時間稼ぎじゃねえ!他の何者でもなく他の何物でもなく!テメェのその手で、たった一人の女の子を助けてみせるって誓ったんじゃねえのかよ!?」

「ずっとずっと主人公になりたかったんだろ!絵本みてえに映画みてえに、命を賭けてたった一人の女の子を守る、そんな魔術師になりたかったんだろ、、、、、、、、、、、、、、、、!だったらそれは全然終わってねえ!!始まってすらいねえ!!ちっとぐらい長いプロローグで絶望してんじゃねえよ!!」

「―――手を伸ばせば届くんだ、、、、、、、、、、いい加減に始めよう、、、、、、、、、ぜ、魔術師、、、!」


まるで主人公みたいな台詞を吐くなー。(主人公だけど
当麻クソ熱いね!




●今日の一曲

『明日の君を守りたい?YAMATO2520? / TOKIO』

明日の君を守りたい‐YAMAT 明日の君を守りたい‐YAMAT
TOKIO (1994/12/12)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る



ふと、テレビの上を見たら第18代YAMATOのプラモが飾ってあったので、これを。
YAMATO2520という、宇宙戦艦ヤマトのOVAのイメージソングです。
歌っているのは、何とあのTOKIO!今考えれば、すげーコラボだ。
TOKIOにアニソン(?)歌わせるなんて。

Close↑

[2006.11.09(Thu) 22:33] ラノベTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 読書 

2006年07月19日 ()
灼眼のシャナS 灼眼のシャナS
高橋 弥七郎 (2006/06)
メディアワークス

この商品の詳細を見る

「灼眼のシャナS」を読み始めました。
今回は『弔詞の詠み手』ことマージョリーの過去話「マイルストーン」と、吉田さんの誕生パーティの一騒動「セレモニー」、それから?巻で出てきた"闇の雫"ことチェルノボーグをはじめとした『九咳天秤』の話「キープセイク」を収録しています。
まだあたま数十ページ目ですが、やはりシャナは面白いです。

しかしあれですね、また沢山のフレイムへイズが(名前だけ)出てきました。フレイムへイズにはそれぞれ"紅世の王"がついてますから、小難しい名前がFullたくさん(造語。
あぁ、そういえば更に更に、その"紅世の王"が意思を表出させる神器も難しい横文字ですね。
もう誰がダレで何がナンなのか…こんがらがります(汗
Open↓

●今日の一曲

『月の葉書 / ロードオブメジャー』

ROAD OF MAJORII ROAD OF MAJORII
ロードオブメジャー (2005/08/24)
カッティング・エッジ
この商品の詳細を見る


最近は、ロードオブメジャーもよく聴いてます。
この「月の葉書」はロードオブメジャーにしては珍しく(?)、騒がしくない曲です。
騒がしくない曲ですが、熱い曲です。
歌詞好き。

Close↑

[2006.07.19(Wed) 23:01] ラノベTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


BACK | TOP

カウンター

今日の一言

プロフィール

Twitter

カレンダー&アーカイブ

応援中

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

なかのひと

RSSフィード

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。