TOP > CATEGORY > ラノベ
TOP | NEXT

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク ドラゴンクライシス! 

2007年02月01日 ()
ドラゴンクライシス! 真紅の少女

ドラゴンクライシス! 真紅の少女 ドラゴンクライシス! 真紅の少女
城崎 火也 (2007/01)
集英社

この商品の詳細を見る



ぶっちゃけ表紙で選んだ感が多分にありましたが、いやはや結構アタリな作品でした。
自分、ボーイミーツガールの王道を行くような展開が好きみたいです。
ていうか、ローズすごいカワイイ。
このヒロインの少女は実はドラゴンとか、そういう設定も面白いですが、何より一途な女の子ってのに弱いみたいです。訳あってこのローズは主人公の竜司に夢中なのですが、その度合いがハンパねぇ
好き好きビーム出まくりですよ。文面からにじみ出てますよ。っていうかあの威力はもうビームどころじゃない、メガ粒子砲クラスですよ。好き好きメガ粒子砲ですよ!(意味不明
まあ、それくらい甘々な展開もあったりするので糖分の過剰摂取にはもってこいです

イラストの亜方逸樹さんも云っています、
世界に必要なのは背中が痒くなるようなラブラブですよね、と。
その通りではないでしょうか。

いちお完結してますが、色々伏線残ったまま終わっているので続編に期待。

Open↓

●今日の一曲

『Help!Heaven! / U(ユウ)』

GWAVE公式WEB
GWAVE SuperFeature's vol,4 U☆TOPIA


(amazonに無かった、このCD…orz)
フロントウイングめがちゅ!OP主題歌です。

いわゆる電波ソングです。
これはなかなか破壊力ありました。
気が付けば無限ループしてますし。
正直、歌詞の読解に難儀しましたが、これ見てなんとかなりました。

Close↑

スポンサーサイト
[2007.02.01(Thu) 22:30] ラノベTrackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

リストマーク 文学 

2006年12月13日 ()
つぶやき * 日記
「半分の月がのぼる空」、ちまちま読んどります。
ただ今、5巻の中盤あたり。

だいたい、1日1冊ペースですね。
寝る前に読み始めて、気付くと朝になってr(ry 
寝る前とか、実験の合間とかにちょこちょこ読んでます。

それにしてもこの作品って、作中に色んな文学作品が出てきます。
芥川龍之介の「蜜柑」やら、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」やら、ロジェ・マルタン・デュ・ガールさんとやらの「チボー家の人々」やら。最後のなんて、これ読むまで聞いたことのない作品でした(苦笑

どの作品も、実はちゃんと読んだことがないので、ちょっと悔しかったりします。だって読んでいれば、この「半分の月がのぼる空」をもっと深く読むことが出来たかもしれませんから。
特に「チボー家の人々」は、この物語の核心で重要な役割を持っています。

まあ、それでも要所要所でちゃんと解説が出てくるので困りはしないのですが(汗

でもこれを機会に、そういったありふれた(という言い方は変かな?)文学作品とかにも手を出してみようかと思ったり思わなかったり。ラノベだけではなくてね(汗

「チボー家の人々」、読んでみようかな。。。
確か全5巻らしいけど(汗

Open↓

●今日の一曲

『有心論 / RADWIMPS』

有心論 有心論
RADWIMPS (2006/07/26)
東芝EMI

この商品の詳細を見る


久々にRADWIMPSを紹介したい気分なので。

相変わらず、歌詞がスゴイ良い。
最初はそんなでもないんだけど、何度も何度も繰り返して聴いてメロディラインと歌詞を覚え切るまで聴きまくった頃に、じわじわキます。そんな歌(全然説明になってない)。

Close↑

[2006.12.13(Wed) 23:27] ラノベTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 読書中毒 

2006年12月08日 ()
おかげ様で(?)、とある魔術の禁書目録は11巻まで読み切りました。
早く12巻出ないかな。来年1月発売みたいです。

とある魔術の禁書目録インデックス〈12〉
鎌池 和馬 (2007/01)
メディアワークス

科学と魔術の学園(ラブ)コメディ編が、ついにスタート?
九月三〇日――衣替えの季節がやってきた学園都市。周囲の慌ただしさを余所に、エリートお嬢様学校・常盤台中学の超能力者、御坂美琴はコンサートホール前の広場にいた。
待ち合わせ場所である。
けれど、
「……、来ない」
罰ゲームを受けるはずの“あの少年”は一向に姿を見せない。美琴はため息混じりに、薄っぺらい学生鞄とバイオリンのケースを抱えてアイツをずっと待っていたのだが――。
上条当麻と御坂美琴が交差するとき、罰ゲームを巡る学園(ラブ)コメディは始まる――!?




あと、今日から読み始めた「半分の月がのぼる空」がいい感じです。

半分の月がのぼる空―looking up at the half‐moon 半分の月がのぼる空―looking up at the half‐moon
橋本 紡 (2003/10)
メディアワークス

この商品の詳細を見る


電撃文庫作品にしては珍しく、派手な戦闘もアクションもSF要素もなんにもない、ごくごくありふれた日常を描いたラノベなのですが、だからこそすっごく心に響く話です。

あらすじ
入院することになった少年と、病気を患っていて病院で生活する少女が出会うお話。
以上あらすじ終わり。

心象表現がめっちゃ生々しいせいか、感情移入しまくりです。
またしばらくはラノベを楽しめそう。

っていうか、こんないい作品ならもっと早くから読んどきゃ良かった…
かるく後悔orz
Open↓

●今日の一曲

『エール?あなたの夢が叶うまで / WENDY』

エール?あなたの夢が叶うまで エール?あなたの夢が叶うまで
WENDY (1993/12/17)
フォーライフミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る


けっこう昔のサッカーアニメ「蒼き伝説シュート!」のOP曲。

うわー、なつかしー。
これ書こうとするまですっかり忘れてましたし(汗
当時観てたなー、サッカーよく分かってなかったけど。

この歌、聴いてると元気が出てきます。まあ応援歌っぽいですし。
運動会とか、奮起する場面で流れたりしたら最高ですね?。

Close↑

[2006.12.08(Fri) 22:25] ラノベTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク とある魔術の禁書目録・感想? 

2006年11月15日 ()
さて、4巻読み終わりました。
ついでにいえば、5巻も読み終わりました。
ただ今、6巻に突入。

今日は4巻感想です。
例によってネタバレ全開の感想なのであしからず。
それではGo↓

Open↓

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈4〉 とある魔術の禁書目録(インデックス)〈4〉
鎌池 和馬 (2004/12)
メディアワークス

この商品の詳細を見る



中身と身体が入れ替わるファンタジー作品っていっぱいありますよね。
この話もその一つ。

御使堕しエンゼルフォール』という魔術のせいで、皆の外見と中身が入れ替わってしまいました、というあらすじ。
当麻は、当然ながら『幻想殺しイマジンブレイカー』でその効果を打ち消して入れ替わっていないと。
入れ替わっていない=『御使堕しエンゼルフォール』を引き起こした犯人だ!
という無実の罪で消されてはたまらないということで、犯人探しをすることに。
例によって巻き込まれ街道まっしぐらだね。

しかし灰村キヨタカ先生よ、何も青髪ピアス(注・男)と入れ替わったインデックスの水着姿を挿絵に入れることはないでしょう!?
めっさキモイよorz
そりゃ当麻じゃなくても無意識に砂浜に垂直に首まで埋めたくなるよ。

あと、設定生かしきれてない!
せっかく登場した妹キャラ(入れ替わってて外見は御坂美琴)、従妹の乙姫とやらの存在はなんだったんだ!?今後への布石か?布石なのか!?
元の乙姫の容姿は分からずじまいだし…。

土御門はけっこう好きなキャラだね。
いろいろ動かしやすそう。
口調も独特で面白いし。「?だぜい」「?ですたい」「?ぜよ」「?にゃー」
おまけに芯は熱いヤツだし。
CVは、山口勝平さんがピンときた。

神裂の過去話出ました。
なるほどね、だから魔法名が”救われぬ者に救いの手をSalvere000”なのか。
重複防止の数字が000なのは、その能力の特殊性ゆえか。
聖人だしねぇ、神性高すぎだろうと。

御使堕しエンゼルフォール』によって、ロシア成教のサーシャ=クロイツェフと入れ替わったのがミーシャ=クロイツェフ =『神の力』ということは、『神の力』が元いた場所には、いったい誰が入れ替わったんだろう?誰かがあっちに移動しないと、『地上』の椅子が1つ足らないわけだし…。
読み終わってしばらくは、漠然と「サーシャが天使の位置に移動した」と思っていましたが、特に記述されてないんですよね。んー、謎。

で、結局『御使堕しエンゼルフォール』を引き起こしたのは、当麻の父親・刀夜だったわけですな。
でも、故意に起こそうとしたわけではではない(不幸体質の当麻のために買い集めたおみやげの偶然の配置と諸々の条件の合致で『御使堕しエンゼルフォール』が発動した)のと、刀夜自身、魔術師でも何でもない一般人だったので、入れ替わりこそしなかったけど『御使堕しエンゼルフォール』に巻き込まれた、と(説明長くて嫌になる)。
つーか入れ替わってない人物なんて、(当麻を抜かせば)刀夜と火野(実は二重人格で入れ替わっていた)しかいなかったはずなのに、火野に読者の意識を集めさせて、刀夜への意識を薄れさせるようなストーリー展開力に脱帽。自分も途中まで火野が犯人だと思ってた。

ベストオブ熱い台詞
「惨めったらしい『幸運』なんざ押し付けんな!こんなにも素晴らしい『不幸』を俺から奪うな!この道は、俺が歩く。これまでも、これからも、決して後悔しないために!」

「『不幸』だなんて見下してんじゃねえ!俺は今、世界で一番『幸せ』なんだ!」



いかん、感想が拙文過ぎるなぁ。
読みづらくてスマンす。



●今日の一曲

『?infinity?∞ / 林原めぐみ』

ロスト☆ユニバース / the BEST of LOST UNIVERSE〔from TV〕 ロスト☆ユニバース / the BEST of LOST UNIVERSE〔from TV〕
副田研二、林原めぐみ 他 (1999/06/04)
キングレコード
この商品の詳細を見る



元祖破綻アニメ、ヤシガニこと「ロストユニバース」のOPです(ヒドイ言い様

最近、色々あってこの作品を思い出したので、OPを思い浮かべたんですけど、けっこう昔の作品なので曲調や歌詞が思い出せずくやしい思いをしたのでチョイス。

Close↑

[2006.11.15(Wed) 22:49] ラノベTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク とある魔術の禁書目録・感想? 

2006年11月11日 ()
3日連続です。例によってネタバレ感想。
それではGo↓

Open↓

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈3〉 とある魔術の禁書目録(インデックス)〈3〉
鎌池 和馬 (2004/09)
メディアワークス

この商品の詳細を見る



今回のヒロインは、超電磁砲レールガンこと御坂美琴、通称ビリビリ女(またの名をツンデレ少女)ですな。
3巻にして、やっとヒロインの座に。
CVは浅野真澄さんとかどうっスか?

しかし今度はインデックスがまったく出番なし!
まあ、全編通して超能力サイドの話なので、魔術サイドの彼女に関係がないのは分かるんだけど…。それでいいのかメインヒロイン!?

あと、準ヒロインで2万人の御坂姉妹シスターズ
当麻と直接的に関係するのは検体番号シリアルナンバー10032号の御坂妹だそうですが。
クローン技術をこういうことに使うとは…人間の業は深いな、とミサカは考えてみます。

小萌先生のシュレディンガーの猫の解説はとても分かり易かった。
量子力学は興味あるんですけどねー。詳しく勉強してる時間がなくて。
暇な時にちまちま学習してはいるのですが。

それから最強の超能力者レベル5一方通行アクセラレータ登場。
こいつの能力もむやみに反則臭い。自分への攻撃はすべてその『向き』を変えて反射、とか。攻撃が無意味だー。(唯一の例外がありますが⇒幻想殺しイマジンブレイカー 反転あり)
第一印象は外道、だったんですが、何だかんだで彼にも色々事情があるみたい。
一概に外道とは言えないなー、読んだ後では。

当麻君、人間離れしてきました。
10億ボルトの電撃喰らっても、砂利のマシンガンを無数に浴びても、風速120mの風で柱に叩き付けられても、生きていられるアンタが不思議。

ラストバトルは、ちょっとグダグダしてた気が。
でも、やっぱり流れが熱いんですよねー。
かたや最強・超能力者レベル5一方通行アクセラレータ
かたや最弱・無能力者レベル0幻想殺しイマジンブレイカー
「最強」「負けたことがない」=「無敵」ではないということか。
最弱には最弱なりの強さがあり、最強には最強なりの弱さがあるんですね。

ベストオブ熱い台詞
「歯を食いしばれよ、最強さいじゃく――――――」

「――――――俺の最弱さいきょうは、ちっとばっか響くぞ」


意味深い台詞ですね、なんか好き。



●今日の一曲

『Last regrets / 彩菜』

Last regrets/風の辿り着く場所Last regrets/風の辿り着く場所
(2006/12/28)
不明

商品詳細を見る


今では説明不要、Kanonを代表する名曲です。
思えば自分がこれを初めて耳にしたのは、ラジオKanon・水瀬さんちで流れていたときか。
あの頃はまだインターネットもなく、曲情報とか地道に調べるしかなかったな?。
深夜だったし、布団に潜り込んでイヤホンで聴いていたのを思い出しました。

Close↑

[2006.11.11(Sat) 23:04] ラノベTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

カウンター

今日の一言

プロフィール

Twitter

カレンダー&アーカイブ

応援中

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

なかのひと

RSSフィード

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。